背中ニキビと汗の関係

背中ニキビができるお肌には、やはりそれなりに原因があります。

そしてその原因とは、お肌の代謝や水分バランスなどの、肌サイクルが大きく関係しています。

お肌のサイクルとは、私たちが普段無意識に行っていることで、古い皮膚が落ちて新しい皮膚が生まれてくる循環のことをいいます。

背中ニキビができる場合は、この正しい循環がうまくいっていない方がほとんどです。

そんな背中ニキビを治す方法には、もちろん汗も大きく関わってきます。

背中ニキビの原因となる汗

汗は体温調節のために、毛穴から水を出して、全身の体温をコントロールしています。

この毛穴から出てくるというのが大事なポイントで、ニキビも毛穴からでてくるのです。

汗はただの水分ではなく、毛穴を通るときにたくさんの老廃物をもっています。

この汗をしっかり処理しないと、老廃物や皮脂が毛穴に詰まってニキビの原因となってしまうのです。

ここで汗と背中ニキビに大きな関連があることがわかります。

背中ニキビを防ぐには

汗は止めることができないですが、背中ニキビの原因にならないように正しくケアすることが必要です。

それは、汗が流れたら細かく清潔なタオルで拭くということが基本になります。

そして、もう一つが寝ているときにかく寝汗です。

これは直接背中に書くことが多いので、こちらもしっかりケアしましょう。

寝具も清潔にしないといけませんが、汗の処理も大切です。

通気性の良いマットを選んで、もし寝苦しくて起きてしまったら、汗をきちんと拭き取って、場合によって着替えてしまいましょう。

背中が気持ち悪ければ、背中ニキビのスプレーなどで、背中の汚れをさっと洗い流してから寝るのもおすすめです。