背中ニキビの赤みとその原因

背中ニキビは顔のニキビと同じで、毛穴からぷくっと赤いできものができます。

これは、背中ニキビが毛穴から炎症を起こしてできるものなので、そのせいで赤く見えています。

毛穴は全身にありますが、その中でも背中は皮脂腺の多い場所として知られていて、毛穴によごれがたまりやすい場所です。

毛穴によごれがたまると、それを栄養に細菌がたくさん増えてしまいます。

これが背中ニキビの炎症の原因です。

たくさん増えてしまった細菌は、体にとってそのまま放っておくわけにもいかないので、炎症を起こして退治しようとします。

そうすることで、細菌をやっつけてくれるのですが、その細菌との戦いが炎症となって体に現れてしまいます。

体は治そうとした結果なのですが、これがニキビとなって目立ってしまうのは嫌ですよね。

それに背中ニキビはある程度慢性化していて、常にでき続けている人が多いように思います。

それは、毛穴に皮脂がたまりやすくなって、お肌のサイクルが乱れてしまっているからです。

そうなってしまうと、常に背中に赤いニキビができている状態なので、早くそのサイクルを正常にしてあげるのが良いでしょう。

背中ニキビの原因でも書いたように、これを直さないと綺麗なお肌を手に入れることができません。

背中ニキビの赤みを消す方法

これまで書いてきたように、背中ニキビの原因は炎症です。

そして炎症が起こる原因は、毛穴の皮脂よごれ。そしてお肌のサイクルが正常になっていないことです。

ここでは、お肌のサイクルを正常化させるために必要なコスメをご紹介します。

まず一つ目は、背中ニキビ専用ジェルジュエルレインです。たっぷりと保湿してくれて、お肌のサイクルを正常に整えてくれます。

そして、背中ニキビスプレーも効果的です。

二つとも背中のニキビについて考えられたコスメなので、背中の赤みが引くのも格段に早くなります。

背中ニキビの赤みは、早く対処しておかないと、ニキビ跡にもなりやすいので要注意です。

赤みがあるお肌は、くれぐれも強い力でこすったりしないように注意してください。